複合機のリースと保守契約の関係

複合機のリース時に、保守契約をするか決めなければいけません。

理由としては、複合機のリースと保守契約は別の契約になるからです。

メンテナンスにかかる費用を節約するためにも、保守契約をすると便利です。

保守契約の内容によって異なりますが、契約をしておくと修理にかかる料金も少なくて済みます。

保守契約をすると、定期点検があるので、故障する前に異常がないか調べてもらえるので、機械の状態を一定に保ち大きな修理をする前に手入れができます。

保守契約にかかる費用は必要ですが、定期的に機械の点検の機会があるので安心して使用できます。

自動検針システムとあわせて行っている会社もあるので、見積もりの際に確認すると良いです。

早いうちに異常が見つかれば、有償での対応も少なくて済むでしょう。

また、急に使用できなくなると業務に支障がでるので、保守契約は締結した方が便利です。

契約内容で、再度金額を確認して締結するようにしましょう。

複合機のリースを契約する時に、保守契約をどうするのか担当者に尋ねられるでしょう。

リースをして、複合機を頻繁に使用する業務なら、保守契約を締結しておいた方が便利です。

定期検査の時に、自動検針も行うので、おおよそのカウンター料金も把握ができます。

時期によって、いつが使用料が多いのか把握することで、予算も立てやすくなります。

また、印刷の状況を把握することにより、作業をしている方達に不要な印刷を出さない様に呼びかける事も可能です。

例えば、両面印刷で良いもの両面印刷で済ますようにするなども大切です。

保守契約をする事により、機械のメンテナンスにかかる費用を節約する以外にこれらのメリットがあります。

契約時には、どのような内容なのか確認ををして締結しましょう。

定期検査の回数や、修理内容などに関する内容は特に重要です。

本体の価格以外に、保守契約の料金の見積もりも出して貰うと良いです。

これらについては、このサイトが参考になります。

複合機のリースの保守内容を調べる